TAG 双子

エロ漫画 双子鏡音と魔法:支配の声

鏡●●ン&レンの小説。
●●頃に戯れにかけた魔法が、二人のその後の関係にやがて、大きな変化をもたらしていく。

「この間、『支配の声』を覚えたよ。言葉の通じる生き物に命令して、自分の言うことを聞かせられるんだって」
「ふうん……?」
リンは、小さく首を傾げた。
「ねえレン、試してみせてよ。私にかければいいでしょ?」
「それじゃ、リン――」
レンはすうっと息を吸い込んで精神を集中させ、覚えたての魔力を一生懸命に込めて、次の言葉を発した。
「――『ぼくを愛して』!」
一瞬、リンの目が虚ろになり、体がぴくんと跳ねたような気がした。
だが次の瞬間には、リンは首を傾げて、くすくすと笑う。
「それじゃ、効いてるかどうかわからないじゃないの。わたしがレンを好きなのは、当たり前でしょ?」
そう、当たり前なのだ。
同じ日に生まれた片割れ同士、二人はずっと仲良くしてきたし、お互いのことが大好きなのもわかりきっていた。
だからこんな命令、してもしなくても変わらないし、ほんの冗談以上の何の意味もない。

その時は、どちらもそう思っていた。



「ずっと一緒に育ってきたのに……離れるなんて……」
わたしはレンを愛さないといけないのに、離れ離れの部屋で生活するなんて。
その分の埋め合わせに、私は一体レンに何をしたら、これまでと変わらないくらい愛し続けることができるんだろう?
「……わかった」
ややあって、リンはそう言って頷いた。
「でも、寝るときまでは、わたしの部屋にいてよ。遊びに来るくらい、いいでしょう?」

・この作品の主人公らは鏡●●ン&レンをモデルにしていますが、ボーカ○イドではない双子の姉弟です。
・舞台は魔法の存在するファンタジーやメルヘンなどこかの世界ですが、あまり詳しい設定は登場しません。
・魔法は物語上重要な役割を果たしますが、あまり派手なものはないし頻繁に使ってもいません。
・紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。作品ファイルには、AI画像は含まれていません。
・文字数は約15,000文字です。

エロ漫画 淫紋かえして!1

淫紋を交換することでフタナリから女体化する双子、アカネとアオイ。
二人は放課後に忍び込んだ音楽室でセックスを始める。
しかし音楽準備室には同級生の●●●、トワがいた。
出るに出られなくなってしまったトワは双子のセックスを傍観するしかなかったのだが・・・
女体化の淫紋をめぐるエロコメディが始まる。

エロ漫画 BlakeAngel

天◯宗家の正式な継承者となるための最後の試練を
からくも成し遂げた天◯姉妹。
しかしその隙に守護すべき●●鬼◯を何者かにさらわれてしまう!
もし鬼◯が覚醒すればこの世は鬼◯淫界に侵蝕され破滅してしまう、、、。
あせる姉妹の前に次々と迫る刺客。彼女らを倒して姉妹が辿り着いたのは
なんと鬼◯淫界の入り口である羅城門。そして最後に立ち塞がった者は
黒い羽衣を纏う鬼面の女と全身を触手に囚われた鬼◯だった!
その女は天◯宗家の武術をすべて見切り、姉妹はなすすべもなく敗北してしまう。
淫気の鍼に快楽の秘孔を貫かれて体の自由を奪われた
亜◯と麻◯にかつてない過酷な凌●が待ち受けていた。
淫らな気が充満すると淫◯大王に覚醒してしまう鬼◯の前で
亜◯は快楽秘孔を次々と突かれて悶えさせられてしまう!
なんとか反撃の機会を狙おうと必死に押し寄せる
怒涛の快感に耐え慄く亜◯!だが抵抗も虚しく限界まで敏感になっていた秘所と尻穴を
ホ◯魚が強襲!すで精神の限界にあった亜◯は二穴を奥まで侵され、
中で激しくうねってすでにしとどに濡れた
膣と直腸をメチャクチャに蹂躙されてしまう。
そしてついに、、、
なんとか覚醒しまいと、いかがわしい気持ちを抑え込もうと
がんばる鬼◯の眼前で盛大に潮吹き絶頂してしまう。
さらに
尻の秘孔を突かれて立つこともできない麻◯を三本の宙を舞う魔法のディルドーが襲う!
それぞれを必死につかんで耐える麻◯だが執拗に両胸の乳房、性器をグリグリと擦り付けてくる尻尾付きのディルドー。
その麻◯の姿はまるで鬼◯を誘惑する淫ら踊りを舞っているかのようであった。
麻◯の決死の抵抗を嘲笑うかのように三本目のディルドーが尻穴の奥底までズッポリと挿入されあえなく麻◯も絶頂。
とうとう淫らに屈した息も絶え絶えの姉妹に迫る鬼面の女の淫術奥義、それは、、、
淫らの鍼術で無理やりI字バランスのポーズにした姉妹を
互いの膣に双頭のホ◯魚を挿入して無理やり合体させるという究極の磔、
絶、一の舞であった!
そして散々にホ◯魚によって拡張されポッカリ空いた
亜◯のア◯ルに迫る究極に最悪の侵入物は、、、
絶体絶命の姉妹に逆転の光はさすのか、、、。
●獣聖戦の天○姉妹、凌●バトルシリーズ第3弾32p
(天○姉妹の視点で進む本編とは別に
凌●者の視点で書かれた凌●者サイド版、
高画質版ロゴ無し表紙イラストも同梱)